Abstract

都会の高層ビル群ではいわゆるビル風と呼ばれる突風を含んだ強風が発生し、地上の穏やかな風環境を破壊し社会問題となっている。これは流体が複数物体中を運動する場合に生じる相互干渉が原因の一つとなっている。しかし、相互干渉に関する研究結果は少ないのが現状である。本研究では、流れの可視化実験と数値解析を行うことで相互干渉について考察した。
Comments